キーボード文字の入力「デュエット」など

キーボードの文字の入力

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キーボードの入力を自己流でやっていると、小さい「っ」や「ッ」などの促音(そくおん)入力に手間取る方が多くいらっしゃいます。

また、例文にあるように「パティシエ」や「デュエット」など小さい「ィ」や「ュ」などもなかなかの遠回りをして入力されている方も

いらっしゃいます。

小さい文字は「」をプラスしてあげると変換できます。(xでも可)

例えば l+y+u なら 「ュ」

しかし、これはなかなか面倒なのです。

小さい「っ」の入力

「タッチ」や「スキップ」など

タッチは ta ltu ti と入力しても大丈夫ですが、促音は子音を重ねると楽に打てます

ta tti で タの後のチの子音を重ねて上げると促音が入ります。

なんとなく u を使いたくなるのですが、子音を重ねた後はチの母音の i で大丈夫です!

ありがちなミス t a t t u i  タッツイ

 

「デュオ」や「スタディ」などの入力

デュオなどはなんとなく d y u o と打ちたくなってしまうのですが

d y u o と打つとヂュオになります。ここで挫折して 愚系の d e l y u o と打ち

それに慣れてしまっている方が多くいます。

正解は 「 d h u o 」です。 delyuoよりも2語も少なく打てます。

 

同じような例で「スタディ」

これも感覚で s t a d i とやりがちですが、これは「スタヂ」になります。

s u t a d e l  i でも良いですが s t a d  h iと覚えるのが良いです。

パティシエなどの応用が利きますので「」は十分に活用していきましょう!

dh(th)+母音を使った言葉

dh+a =デャ

dh+i =ディ

dh+u =デュ

dh+e =デェ

dh+o =デョ

iとuはよく使うのでこれは絶対覚えておきましょう!

同じくthも

th+a =テャ

th+i =ティ

th+u =テュ

th+e =テェ

th+o =テョ

ティラミスやテューナーパティシエなどですね!

これがわかっているだけで文字入力も早くなります。

 

次回はwhを使った文字入力を行います。

 

 

投稿者プロフィール

高橋哲也
高橋哲也
パソコン教室スタディPCネット練馬校の教室長の高橋です。
なんでも質問しやすいと評判です。

まずはお気軽に無料体験からはじめてみませんか?

教室の雰囲気や、どんなレッスンを行うかなどを事前に無料で体験していただくことができます。
体験レッスンは専用フォームからお申込みいただけます。お気軽に体験してみてくださいね。

コメントを残す