バックスペースキーとデリートキーの違い~オフィス共通~

バックスペースキーとデリートキーの違いとは

どちらも削除をするキーですが

デリートキーが一括削除でバックスペースが一文字削除と勘違いしている方が多く見受けられます。

どちらも範囲選択すれば一括削除ができます。

文章のサンプル

たとえば、おはようございますと打ちたかったのに”う”を多く打ってしまった場合

バックスペースキーを押すとカーソルの左側が消えます。デリートキーを押すと右側が消えます。

カーソルを”う”の間に合わせ

バックスペースキーを押すと左側の文字が消えます。

デリートキーを押すと右側の文字が消えます。

ちなみにエクセルではF2キーを押すと文章の編集がやりやすくなります。

キーボードの写真

削除にバックスペースキーしか用いらず、文章の後方にカーソルを合わせ削除しているかたが結構います。

カーソールを文章の一番後ろに持っていくのもなかなかの手間です。

エンドボタンで一撃移動しますが→で移動されている方も見受けられます。

面倒な作業は意外に簡単な動作で解決します。

まとめ

バックスペースキー(backspace)は左

デリート(delete)は右と覚えましょう

 

投稿者プロフィール

高橋哲也
高橋哲也
パソコン教室スタディPCネット練馬校の教室長の高橋です。
なんでも質問しやすいと評判です。

まずはお気軽に無料体験からはじめてみませんか?

教室の雰囲気や、どんなレッスンを行うかなどを事前に無料で体験していただくことができます。
体験レッスンは専用フォームからお申込みいただけます。お気軽に体験してみてくださいね。

コメントを残す